お墓購入体験記

お墓購入者へのインタビューブログ

全優石加盟店でのお墓購入は安心

20年くらい前に白御影石のお墓を購入しました。外柵から親柱、墓前にある灯籠など全て込みで約150万円です。それから約5年前にも同じ区画内に30万円ぐらいのものを追加しました。

形は和型のもので理由は、購入時期からいってもまだ和型が主流だったことと、霊園の他のお墓との調和の意味でも和型にしました。

 民営墓地ですが当時は今ほど洋型のお墓がありませんでした。落ち着いた佇まいでありならがもしっかりと洋風の雰囲気が出ている洋型も良いと思っていましたが、先祖の年代を考えるとやはり和型だろうかということで最終的に和型に決まりました。

石材店は地元の企業で、全優石加盟店です。全優石のお店なのできめ細かいサービスとケアをしてくれているお店です。
石材店舗だけで、購入前の区画情報から購入後の戒名彫刻とその他クリーニングや修理全般など、カウンセリングからあらゆるメンテナンスが済むという特徴のお店です。

購入店で全て解決できるというのは、大きな強みでもあり安心にもなっています。
お墓は何世代にも渡って引き継がれていくもので、だからこそ石材店一つで全て済ませられるというのが信頼も安心もできてそこが大きなメリットだと感じています。

トイレや水道も多く設置

墓参りをするにあたって必ず必要となるポイントを抑えているところに好感を持っています。
墓参りをしているとトイレに行きたくなったりすることもあるし、年代や健康状態によってはお水を運ぶのも一苦労ということもありますが、霊園内に複数トイレと水道が設置されているので利用者を考えた作りになっているとこを気に入っています。

霊園は世代を問わずほとんどの人が行く場所なので、こういった配慮をしてくれてありがたいです。勾配のある土地なので小さい子どもから高齢者の方まであらゆる年代に配慮されていることを感じ取れる霊園なのが良いです。

敷地内に広大な駐車場が完備されているところも利用者にとって使いやすく感じているのでそこも気に入っています。それから霊園に行くと必ず出るゴミですが、これも施設内にほとんどのゴミを回収してくれる場所があるのでそこもありがたく感じています。高齢者の家族だけで行く場合には、水やゴミの運搬が大変ということがありますが、そういった心配をせずに利用できるところが良いです。

シャワー室からキッチンまで完備している法要関連施設

霊園のすぐそばには法要関連施設が全て点在しています。
法要施設には椅子が完備されているので足のしびれを気にせずに利用できるところも気に入っています。

葬儀の際に利用したときもシャワー室からキッチンまで全部あったので、遠方から来た親戚もわざわざ地元の親戚の家まで向かう必要もなく大変ありがたいサービスでした。葬儀や法要は体力的にも疲れるということがありますが、全て霊園内で葬儀や法要の打ち合わせから宿泊に至るまでを済ませられるところも気に入っています。

キッチンルームはかなりの広さがあるので、仕出しの配膳から下膳も滞りなく行えることができたのでこの点も非常に助かりました。親戚の人数が多いケースでも広々と使えたからです。

利用料金も明瞭になっているので良心的で安心しながら使えます。霊園の法要関連施設の庭園も気に入っています。和風なので心が和みつつも厳かな雰囲気となっているところが霊園らしくて好きです。厳粛な庭園を見ていると法要に臨む心の態度を改めてピリッとさせてくれます。

※法要は以下のお坊さん便が安くておすすめです

Amazon [お坊さん便] 法事法要手配チケット

市内を一望できるという立地条件

立地環境がお墓の場所として適しているところを一番気に入っています。繁華街から離れているけれど市内を一望できるという場所にあるので、喧騒は一切届かずに静粛な雰囲気のなかに位置しているという霊園そのものが好きです。

お墓に入っている先祖としても、静かなところで休みたいという思いがあるはずで、だからといって人里離れすぎている場所だと寂しく感じるような気もします。でも家でお世話になっている霊園は市街地から適度な距離感がありつつ、大変静かな場所で市内を見下ろせるという立地条件で整っているところを気に入っています。

市内から程よい距離なので霊園に行くときも便利で、周辺の交通道路事情も整っているので供養をするにあたって不便さを感じたことはありません。

同じ霊園内には勾配の坂にある場所と平地の区画もあり、今は和型と洋型が混在しています。
いろいろな種類のお墓を見ることができるので、お墓の形も進化しているのを感じることもできて勉強になります。形式にとらわれず故人への思いを自由に供養できる霊園になっているところも好きです。

 ライフスタイルを考えたお墓選びを

最近の霊園はペットと一緒OKというところも以前より増えてきました。
動物を飼う世帯数も昔よりも増えペットも家族という思いが強くなってきています。そこで飼っていた動物と一緒に入りたいという人も増えているわけですが、ペットを飼っている方で一緒のお墓に入りたいという思いがある方や、そういった意向のあったご先祖様がいる場合にはペット一緒OKの霊園も含めて探すという選び方をするのも一つの手段です。

 

私が買ったときはペットと一緒OKを前面に出している霊園はありませんでしたが、現在はこういった新しい選択肢もあるし幅広い面から多角的に見て選んでいった方が、最終的に満足の行く霊園を見つけることにもなるからです。

ご自身のライフスタイルもふまえたうえでも検討すると良いと思います。ペットと一緒可能ということが売りではない場合でも、霊園やお寺の許可がもらえればOKということもあるので、ペットと一緒という希望がある方はその辺を事前に情報収集しておく必要があります。

 

それから、民営墓地と公営墓地にはそれぞれ特徴があるので、よく考えた上で選ぶことも大切です。公営の場合は使用量や管理料が安いということもありますが、墓石の形の自由度は下がるということもあるからです。新規で購入する方は供養の形をお墓にどう表すのか考えた上で決められると良いと思います。

難しいことになりますが墓相という分野ものもあるので、気にする方はその辺りの研究や勉強もしたうえで霊園をお決めになられるとより良いと思います。

 

家では5年ほど前に追加で買った石があり、その際に全優石加盟店にしていて良かったと感じました。お墓は例えば天災でいつなんどきどうなるか分からないし、墓誌の彫刻が増えるというように状況は常に変化していくものだからです。全優石石材店はずっとお世話になれるので安心できます。

 

霊園の所在地選びも重要だと思います。年を重ねると若い時と違って行くのが大変ということにもなることもあるからです。譲れない条件と希望する条件と譲れる部分をよく明確にしたうえで、その折り合いをつけて場所を決めれば末永く通える霊園選びにつながると思います。

 

広告を非表示にする